弁護士紹介Lawyer

弁護士 今枝 仁(いまえだ じん)- 広島弁護士会

ph

裁判所・検察庁勤務を経て、広島で17年間、弁護士として活動してきました。特に、検事の経験を活かして、強気で緻密な事件解決を志します。
いろいろな立場から紛争解決に携わった経験を活かし、幅広いトラブルに対応いたしますので、安心してご相談ください。

高校中退から紆余曲折を経て弁護士になったことから、救われるべき人を救いたい、という想いが強いです。元検事の経験も活かし、特に犯罪・交通事故などの被害者支援に力を入れています。「事件を通じて依頼者を見るのではなく、依頼者を通じて事件を見るように」と心がけ、「どこまで親身に対応するか」は弁護士として重要なことだと考えています。

紛争が起きたあとの解決も大事ですが、社会的な仕組みで紛争を未然に防止することも大事です。幅広い社会活動も重視しており、弁護士活動と政治活動をまさに“両輪”と捉え、よりよい社会を創るための政治活動にも力を入れています。

主な経歴

広島学院中学校・高校出身。大検を取得後、北九州市立大学商学部に入学・卒業。。

1997.03
上智大学法学部卒業
1997.04
東京地方裁判所刑事部事務官
1998.10
司法試験合格
2000.10
東京地方検察庁検察官検事
2001.09
弁護士登録
2011.08
10年間の勤務弁護士を経て、今枝仁法律事務所開業
2004~2017
公益社団法人広島被害者支援センター監事
2010
広島法務局評価委員会委員長

主な所属団体・委員会

  • 広島陵北ロータリークラブ
  • 広島東法人会・広島北法人会
  • 高陽商工会
  • 犯罪被害者の支援に関する委員会
  • 法科大学院運営支援委員会
  • 民事介入暴力問題対策委員会

資格

  • 広島国税局通知弁護士
  • 防災士

関与した主な事件

  • 東電OL殺人事件
  • 定者接見国賠請求事件
  • 広島小1女児殺害事件(通称:木下あいりちゃん事件)
  • 光市母子殺害事件
  • 橋下徹弁護士に対する名誉毀損・業務妨害損害賠償請求事件

弁護士 折出 智一(おりで ともたか)- 広島弁護士会

ph

依頼者とのコミュニケーションが何より重要だと考えています。「こんなこと話してもいいのかな」「事件には直接関係ないかもしれない」と思うことでも、解決へのヒントになることがあります。どんなことでも、ためらわずに話してください。

依頼者ご自身に、納得感をもって最終的に決断していただくために、できるだけわかりやすく法的なアドバイスをします。代表の今枝弁護士と協力しながら、全力でサポートさせていただきます。

よりよい解決方法を、ともに探していきましょう。

主な経歴

2006.03
広島学院中学校・高校卒業
2011.03
九州大学法学部卒業
2013.03
神戸大学法科大学院卒業
2015.12
弁護士登録
2011.012
今枝仁法律事務所勤務

主な所属団体・委員会

  • 子どもの権利委員会 少年司法部会